arrow-left-2arrow-left-3arrow-left-4arrow-leftchronodiggdown-arrow--lineardown-arrowearthfacebookfacebook_ (2)facebook_forward-arrowforwardgooglehomeico-downloadico-linkindustries--1industries--10industries--11industries--2industries--3industries--4industries--5industries--6industries--7industries--8industries--9linkedinmailmarkernewspaperpadlockpage-arrow-leftpage-arrow-rightpage-listpencilpinterestplay-buttonprintersearchsocial-diggsocial-facebooksocial-googlesocial-instagramsocial-linkedinsocial-pinterestsocial-twittersocial-youtubestartwittertwitter_user

EVローターおよびギアシャフトのための柔軟なゲージング

電気自動車の需要が急増し、メーカーは非常に短期間で大量生産することを迫られています。この新しい製造ラインでは、非常に高い生産効率が求められるため、製造時の部品全体の品質管理がきわめて重要になります。このような状況から、現在の主要なEVメーカーの多くはインライン品質管理のために柔軟な測定システムを採用しています。OptoquickOptoflashのようなソリューションなら、ギアシャフトおよびローターシャフトの製造環境での品質管理において精度と速度の両立が可能になります。   

Flexible Gauging For Ev Rotors And Gear Shafts
詳細

オペレーターまたはロボットが回転センサーを介して、縦型測定システムにシャフトワークをロードします。組み込まれた電動スピンドルによりワークが回転し、同時に光学式システムにより制御対象フィーチャーの画像が取得されます。

画像を介して、直径や半径などのフィーチャーを検査して測定できます。丸みや逃げなどの形状制御も行うことができます。

高解像度イメージセンサーにより、通常、数ミクロンの公差範囲で、求められる測定精度が保証されます。

画像生成はシャドウキャスティング法により行われます。つまり、ワークのプロファイルの影により測定されます。シャドウキャスティングは高性能測定の基盤となる手法で、ワークの色や表面仕上げによるばらつきを排除できます。

オプションとしてシステムに接触型センサーを組み込んで、シャドウキャスティング法では見えないフィーチャーを測定することもできます。例えば、ローターシャフトの場合に一般的なキー溝や外部スプラインの寸法特性などです。

大型ローターの場合、測定性能に影響を与えることなく、磁化後であってもOQLバージョンで測定できます。

Optoflashバージョンは、一部のローターシャフトなど、小型ワークの高速測定サイクルに使用できます。

optoflash-flexible-gauging

利点
  • 多様なワークに合わせて構成できる柔軟性の高いソリューション
  • 測定の定義を容易にする組み込みユーザーインターフェース
  • 寸法および形状の制御
  • 測定値を工作機械のフィードバックとして利用可能
バージョン
  • 手動およびロボットによるロード
  • 光学測定および接触型測定機能
スペック
  • 測定不確かさ1 µm以下
  • 長さ1200 mm以下、直径240 mm以下のワークに対応
ダウンロード

BROCHURES AND MANUALS

パンフレット
英語 (2.43MB)
ドイツ語 (2.43MB)
フランス語 (18.61MB)
日本語 (2.43MB)
閉じる
閉じる

お問い合わせ

Insert your first name
Insert your last name
Insert the company name
Insert your email

下記のリストより、お問い合わせ内容を選択してください。:

Insert your message

問い合わせフォーム送信前に INFORMATION NOTICE EU 2016/679規則に従って提供される個人データ処理に関する情報通知をよくお読みください。.

プライバシーポリシーに合意ください。
Top お問い合わせ