arrow-left-2arrow-left-3arrow-left-4arrow-leftchronodiggdown-arrow--lineardown-arrowearthfacebookfacebook_ (2)facebook_forward-arrowforwardgooglehomeico-downloadico-linkindustries--1industries--10industries--11industries--2industries--3industries--4industries--5industries--6industries--7industries--8industries--9linkedinmailmarkernewspaperpadlockpage-arrow-leftpage-arrow-rightpage-listpencilpinterestplay-buttonprintersearchsocial-diggsocial-facebooksocial-googlesocial-instagramsocial-linkedinsocial-pinterestsocial-twittersocial-youtubestartwittertwitter_user

トレーサーガスリークテスト

マーポスグループのHelium Technology S.r.l.では、シンプルな手動ステーションから、さらには生産ラインに統合される自動システムにいたるまで、お客様のさまざまなニーズを満たすことに特化したヘリウムリークテストマシンの設計と製造を行っています。

その理由とは?

戦略的産業分野では、品質要件がますます厳しくなっています。それに伴い、トレースガスとしてヘリウムを使用したリークテストのご要望が多くなってきており、それにお応えするためです。

トレーサーガスリークテスト
利点
  • 完全にカスタマイズ可能なベンチ
  • 幅広い分野のアプリケーションに対応(該当業界例:自動車、航空宇宙、冷凍、食品、医療、白物家電、その他)
  • どのトレーサーガス法よりも優れた精度と信頼性を備えたテストを実現
  • 交換式ツーリングを採用しており1台のマシンで多種多様な製品のテストに対応
  • マーポスの世界的ネットワークにより、グローバルプレゼンスと財務健全性を保証
  • 各プロジェクトに対応できる高度なノウハウとオーダーメイドのアプローチ
  • 主に多国籍企業のお客様との取り引きにより、世界的な市場の基準に適合
  • マーポスのコマーシャルプロポーザルに関連する付帯サービスを提供
    • 現場でのリークテスト
    • 販売後の技術的サポート支援
    • 定期的支援とメンテナンスプログラム
    • システムの改修
    • お客様のご要望に応じた機能のヘリウム回収システムの製作
詳細

ヘリウムリークテストの実施にはさまざまな方法があります。

真空チャンバーでのグローバルテスト

このテストは、以下の理由により、最善かつ最も効率的な方法になります。

  • 感度、精度、信頼性のすべてに最も優れる
  • グローバルテスト(リークはその場所を問わず検知可能)
  • 自動的で客観的なテスト(テスト結果は人的ミスに影響されない)
  • あらゆる基準に完全に対応
  • テスト結果は、テスト物体の温度(温度が高いほど良好)、合理的限界内の体積、テスト物体の形状と材料(可撓性物体もテスト可能)などの要因に依存しない
  • このテストを適用する唯一の条件は、テスト対象のコンポーネントが真空条件下でも問題がなく、かつその材料がヘリウムを透過しないことのみ

スニファーテスト

このテストは、最もシンプルで安価なヘリウムテストで、いたるところで広く使用されています。真空チャンバーで行うテストとの主な違いは以下のとおりです。

  • 感度が劣る(スニファープローブ式は全体的ではなく部分的なリーク量を捉えることが原因)。
  • グローバルテストではないため、テスト物体のほんの数カ所の特定のポイントをテストする場合のみ使用可能。
  • 真空チャンバーに設置できない大型コンポーネント(3 m3を超える体積)のテストに適している。
  • 精度はテスト時のオペレーターの注意力に大幅に依存。
  • スニファーテストは大気圧条件下で行われるため感度が低下。バックグラウンドノイズは、自然界の空気中に存在するヘリウム(5 ppm)によって影響され、チャンバー内の空気を排気すると、バックグラウンドノイズがはるかに低下。

スプレーテスト

このテストでは、質量­分析計をテスト物体に接続して、ヘリウムを外部から吹き付けます。このテストが使用されるのは非常にまれで、主にリーク箇所を特定する場合にのみ使用されます。そのため、この方法について説明すべきことはあまりありません。

グローバルテスト(被試験体内部を真空にして外部へヘリウムを注入)

このテストでは、コンポーネントは、ヘリウム濃度の高い空気を含む密閉されたチャンバー内でテストされます。質量­分析計がコンポーネントに接続され、コンポーネントの体積が大きすぎる場合は、真空ポンプに最終的に接続されます。

このテストは、コストが安価であるという理由でお客様からご要望をいただくこともありますが、使用されない傾向にあります。その主な理由の1つは、外部と内部との間の差圧がわずか1 barになることがあり、その差圧がテスト物体の通常の動作条件とは反対の方向にかかるためです。

そのため、この手法の適用は、テスト物体が大気圧下の真空条件下で作動する場合のみに適しています。

スペック
  • 専用ポンピングシステムで全流量を分析
  • メンテナンスが簡単なカート設置型のポンピングシステム
  • 専用電気/空圧キャビネット
  • ポンピングシステムは換気型防音タイプを採用
  • 着脱交換可能なツーリングを採用しており手動でも自動でもローディング/アンローディングが可能
  • 完全にカスタマイズ可能なHMIインターフェース
ダウンロード

Request information

Insert your first name
Insert your last name
Insert the company name
Insert your email

下記のリストより、アプリケーションフィールドを選択してください。:

Insert your message

問い合わせフォーム送信前に INFORMATION NOTICE EU 2016/679規則に従って提供される個人データ処理に関する情報通知をよくお読みください。.

プライバシーポリシーに合意ください。
Top お問い合わせ
閉じる
閉じる