arrow-left-2arrow-left-3arrow-left-4arrow-leftchronodiggdown-arrow--lineardown-arrowearthenvelopefacebookfacebook_ (2)facebook_forward-arrowforwardgooglehomeico-downloadico-linkindustries--1industries--10industries--10_oldindustries--2industries--3industries--4industries--5industries--6industries--6_oldindustries--7industries--8industries--9linkedinmailmarkernewspaperpadlockpage-arrow-leftpage-arrow-rightpage-listpencilpinterestplay-buttonprintersearchsocial-diggsocial-facebooksocial-googlesocial-instagramsocial-linkedinsocial-pinterestsocial-twittersocial-youtubestartelephonetwittertwitter_user

フランジ/スピンドルタイプバランシングヘッド

バランシングヘッド

バランシングヘッドは、アンバランスの補正を行う砥石軸上の自動バランシングシステムのコンポーネントの1つです。アンバランスは、おもりの回転に関連するさまざまな要因が原因で発生しますが、そのなかでも特に研削盤の形状変化材質均一性の欠如があります。

バランシングは、機械、電子機器、ソフトウェアを組み合わせたシステムによって行います。 

幅広いラインナップのバランシングヘッドは、内外径研削、センタレス研削、平面研削、歯車/工具研削用の研削盤に使用することができ、ほとんどのタイプのアプリケーションの問題を解決します。

フランジ/スピンドルタイプバランシングヘッド
詳細

バランシングヘッドには、3つのタイプがあります。

  • フランジタイプ(FT)主軸外側で砥石車上に取り付けます。通常、自動砥石車交換機能なしシンプルで経済的な研削盤上で使用します。取り付けが非常に簡単なため、レトロフィットに理想的です。また、音響センサーを取り付けて、研削工程をチェックすることもできます。
  • スピンドルタイプ(ST):組み込み式のタイプです。主軸内部で動作します。このタイプは、通常研削盤のスピンドル付きの研削盤上で使用します。このタイプの研削盤は、高速/超高速で動作するため、砥石車と主軸重心との間にバランスの向上が求められます。
    バランシング容量を実現するために、径と長さの組み合わせで対応しています。主軸内のバランシングヘッドは、最高レベルの感度とレスポンスタイムを実現する内蔵型音響センサーを備えています。さらに、バランシングヘッドを主軸に固定するためにフランジ取り付け、またはセルフロックシステムを提供しています。
  • 油圧タイプ(HT):砥石車サポートフランジ上に取り付けます。通常、自動砥石車交換機能付きの研削盤上で主軸に標準バランシングヘッドを使用できない場合に使用します。このタイプのバランシングヘッドでは、クーラントやオイルを噴射することでアンバランスを補償します。クーラントやオイルは、バランシングコンテナーに組み込まれた3つまたは4つのバランシングチャンバー内に備えられているか、または砥石車フランジ内に直接備えられています。バランシングコンテナーは、お客様の要件を満たすように、多種多様な形状で提供しています。取り付けは非常に簡単で、自動バランシングシステムを備えていない研削盤のレトロフィットに理想的です。

FT/STバランシングヘッドは、以下のシステムに接続することができます。

 

BLÚ   P1dWB   P7WB   DS5000   DS6000   DS7000

 

利点
  • アンバランスを補正
  • アンバランス補正時間を短縮
  • 1つまたは2つの平面上で補償
  • 加工ワークの形状、寸法、仕上げの品質がアップ 
  • マシンの回転コンポーネントの寿命延長(例:主軸、砥石車、ドレッサーなど)
スペック
  • バランシング性能:1~8000 grcm
  • 回転速度:最大30000 RPM
  • 音響センサーを組み込み可能
バージョン

バランシングヘッドは、外側に取り付けるバージョンと主軸内部に組み込むバージョンを提供しています。ほとんどのタイプのアプリケーションの要件を満たします。

  • リトラクション型バランシングヘッド(FTR):自動電気機械式バランシングは、モーターによっておもりをバランシング位置に移動させることで行います。バランシング中のみブラシリトラクションシステムが動作して、モーターが駆動します。バランシングヘッドシステムは、単一のコンポーネントで構成されます。そのため、トランスミッター用のサポートは一切必要ありません。
  • 非接触式トランスミッション付きバランシングヘッド (FTC):バランシングは、モーターの誘導的な移動によって行います。バランシングサイクルを管理するための動力信号とロジック信号は、エアギャップを介して送信されます。このバランシングヘッドは、バランス用おもりの位置を無効にするためのゼロ設定サイクルを特徴としています。マシンの起動時や砥石車の交換後に役立ちます。非接触式トランスミッション付きバランシングヘッドは、2つの部品(ステーターとローター)で構成されます。そのため、ステーター用の外部サポートが必要です。
  • 非接触式トランスミッション/内蔵型音響センサー付きバランシングヘッド(FTCG/STCG):これらのバランシングヘッドは、砥石車の近くで動作する広帯域音響センサー付き非接触式バランシングヘッドの特徴と機能を組み合わせたものです。  このセンサーは、砥石車のエアギャップ、ドレッシング、衝突の恒常的なモニタリングとチェックを保証します。
  • 接続用トランスミッター付きバランシングヘッド (FTAT):このバランシングヘッドは、非接触式トランスミッションを使用していますが、バランサーヘッド部とローターが一体化しています。
  • 高速アプリケーション(高速STCG)コプラナー式バランシングヘッド:このバランシングヘッドは専用タイプです。スピンドルタイプのバランサー、CBN砥石車とエレクトロスピンドルを使用する研削盤上のアプリケーション、一般的には高周速のアプリケーションのみに使用します。周速が高い場合は、重心が別の平面上に移ることによって生じるトルクのアンバランスの問題を防ぐために、バランサーの重心、およびバランサーと砥石車の重心の位置合わせが必ず必要です。共面おもり付きバランシングヘッドには、2つのバージョンがあります。1つ目は、従来アセンブリー用の筒形タイプです。2つ目は、CBN砥石車の新しいアセンブリー方式用に設計されています。すべてのバージョンは、内蔵型広帯域音響センサーを特徴としています。さらに、これらのバージョンは、非接触式トランスミッション用個別コネクター付きと内蔵型トランスミッションシステム付きで提供しています。
ダウンロード

BROCHURES AND MANUALS

パンフレット
英語 (8.13MB)
ドイツ語 (8.17MB)
閉じる
閉じる

お問い合わせ

Insert your first name
Insert your last name
Insert the company name
Insert your email

下記のリストより、お問い合わせ内容を選択してください。:

Insert your message

問い合わせフォーム送信前に INFORMATION NOTICE EU 2016/679規則に従って提供される個人データ処理に関する情報通知をよくお読みください。.

プライバシーポリシーに合意ください。
Top お問い合わせ