arrow-left-2arrow-left-3arrow-left-4arrow-leftchronodiggdown-arrow--lineardown-arrowearthfacebookfacebook_ (2)facebook_forward-arrowforwardgooglehomeico-downloadico-linkindustries--1industries--10industries--11industries--2industries--3industries--4industries--5industries--6industries--7industries--8industries--9linkedinmailmarkernewspaperpadlockpage-arrow-leftpage-arrow-rightpage-listpencilpinterestplay-buttonprintersearchsocial-diggsocial-facebooksocial-googlesocial-instagramsocial-linkedinsocial-pinterestsocial-twittersocial-youtubestartwittertwitter_user

細部へのこだわり:鋳造部品における欠陥検出のためのマーポス光学ソリューション

Optical solutions for defect detection on casted parts

シール面に空隙のような欠陥が存在すると、コンポーネントの正しい機能を損なう漏れを引き起こし最終製品の寿命に危険をもたらす可能性があります。表面に欠陥があると、流体の通過経路が空いたままになるため、接合面間のガスケットの機能が損なわれる可能性があります。

鋳造フラットカップリングの表面欠陥の有無をチェックすることは、シーリングガスケットが異なるコンポーネント間に当てられる表面の状態を分析できるため非常に重要です。

製造プロセスに関係なく、シールが保証されなければならない表面の結合は、コンポーネントの構造における微小な欠陥の有無を検証するリークテスト既存のガスケットが正しく機能しているかどうかを確認するシーリング表面の検証という2つの異なるプロセスによって実行されます。

 

欠陥をチェックする正しい目

表面欠陥検査にビジョンシステムを使用する理由は、オペレーターによる表面検査に不足があるためです。

繰り返し作業に対する人間の注意力は短時間で低下する傾向があり、シフトが進むにつれて重大な欠陥を検出し損ねる可能性が高まることはよく知られています。

自動ビジョンシステムを使用することで、注意力と主観的な判断の問題がなくなり、信頼性が高く再現性のある検査が可能になります。

マーポスは、欠陥を検出するために、顧客の特定のアプリケーションニーズに合わせて設計し、自動および手動のターンキーソリューションの非接触型ビジョンベースシステムを提供します。

 

欠陥検出のため自動化された目:マーポス非接触ビジョンベースシステム

 

マーポス光学システムには、主に 2つのアプリケーションカテゴリがあります。

  • 部品寸法の幾何学的測定に、リニアカメラとマトリクスカメラを使用するシステム
  • 検査部品の表面品質をチェックする検査アプリケーション

両タイプのアプリケーションともに、お客様の生産要件を満たすように設計され、完全自動、半自動、または手動でロードできます。

ここで、マーポス非接触ビジョンベースシステムの実用的なアプリケーションをいくつか紹介します。

 

非接触ビジョンベースシステムのアプリケーション:ヘアピンの寸法管理

 

ヘアピン細い銅のロッドでできているため、本質的に弱いです。基準治具を使用するということは、測定する部品の形状が治具そのものの影響を受けることを意味します。コンタクトプローブを使用すると、測定対象部分がわずかであっても変形する可能性があります

どちらも実際の条件とは異なる条件で部品を測定することになります。

人工視覚技術を使用した測定システムにより、測定システム自体によって生じる変形がない状態で部品の測定を実行できます。

ヘアピンの非接触測定にビジョンシステムを使用すると、主に2つの利点があります。

  • 同じヘアピンファミリー内でも部品の形状が大きく異なる場合にシステムが柔軟に対応可能なことです。
  • 画像の取得および相対的な処理としての測定の実行速度により、ひとつのコンポーネントに対して非常に短時間で数十箇所の測定を迅速かつ正確に実行できます。

したがって、測定は高速かつ正確です。

 

非接触ビジョンベースシステムのアプリケーション:SOFCセミセルの検査

 

燃料電池は、燃料ガスの化学エネルギーを直接電気エネルギーに変換するため、環境に優しいと考えられます。さらに、SOFC は動作温度が高いため、最大90%の高効率のコージェネレーションシステムに最適であり、人間が消費するバイオマス廃棄物から発生するガスを利用して住宅などに電力を供給する目的で使用できます。

数十もの学術研究が、環境の持続可能性の観点からSOFCの利点を示しており、それらはすべて、高動作温度が利点 (コージェネレーション) であると同時に、高貴で欠陥のない材料の使用を必要とするため、欠点でもあることを強調しています。

 

... そのため、その部分をテストすることが重要です。

SOFCの主要コンポーネントであるアノードとカソードは、非常に大きな熱的および機械的ストレスにさらされ、材料に小さな欠陥が存在するだけでも材料の破損につながり、燃料電池全体の適切な機能を損なう可能性があります。

欠陥のないコンポーネントのニーズには、これらのタイプのコンポーネントに特徴的な欠陥 (ポロシティ、損傷、くぼみ、および粒子などの汚染物質の一般的な存在) を検出できるシステムの使用が要求されます。これは、高解像度カメラとステレオフォトメトリック技術を組み合わせたグレージングライトを組み合わせて使用することで実現できます。

 

フーコー電流に基づく非接触システム: 非破壊材料の完全性試験

 

マーポスは、生産ラインで部品の物理的状態を直接変更することなく、表面の欠陥 (クラック、ポロシティ、巣穴、介在物、剥離など) を検出するソリューションを提供します。

非破壊材料の完全性試験は、40年以上にわたってマーポスの検査ポートフォリオの一部となっています。これは、渦電流またはフーコー電流として知られる技術を使用し、クラック、細孔、鋳造の巣穴などの表面欠陥をチェックすることです。

この技術は簡単に自動化でき、最終製品の品質と安全性を損なう可能性のある構造上の欠陥がないことを要求されるクランクシャフトのピンとコラム、カムシャフトのカム、ベアリング、ハブ、ブレーキディスク、そして一般的に品質や安全性を損なう可能性のある構造的欠陥が無いことが要求されるすべての部品など、回転体のすべての表面の検査を可能にします。

 

 鋳造ワークの欠陥を検出するマーポス光学検査システム で詳細をご覧ください。

Request information

(*) campi obbligatori X>
Insert your first name
Insert your last name
Insert the company name
Insert your email

To help the message delivery directly to the division in charge, please X the application field in the list below: *

Insert your message

Before sending the form please read carefully the INFORMATION NOTICE on personal data processing provided in accordance with the Regulation EU 2016/679.

Please accept the privacy policy
閉じる
閉じる
Top お問い合わせ