閉じる
arrow-left-2arrow-left-3arrow-left-4arrow-leftchronodiggdown-arrow--lineardown-arrowearthenvelopefacebookfacebook_ (2)facebook_forward-arrowforwardgooglehomeico-downloadico-linkindustries--1industries--10industries--10_oldindustries--2industries--3industries--4industries--5industries--6industries--6_oldindustries--7industries--8industries--9linkedinmailmarkernewspaperpadlockpage-arrow-leftpage-arrow-rightpage-listpencilpinterestplay-buttonprintersearchsocial-diggsocial-facebooksocial-googlesocial-instagramsocial-linkedinsocial-pinterestsocial-twittersocial-youtubestartelephonetwittertwitter_user

OptoCloud EDU:限界を超えた品質管理

マーポスOptoCloud EDU(電動ユニット)は、電気自動車産業とそのかつてない品質保証プロセスを対象に設計された、最新世代の3D精密検査ソリューションです。

OptoCloud EDUは、複雑で多関節のワークの3Dモデルを再構築し、測定やビジョン検査のタスクを自動的に実行できます。

複雑で構造化された面の3D再構成は、複数のレーザーヘッドによって行われ、ワークを360°高速回転させながら部品のポイントクラウドを生成します。ポイントクラウドは各種のレーザーヘッドによって取得し、空間的な多方向性を利用しながら1つの3D再構成が組み立てられます。最後のステップとして、マーポスのソフトウェアがデータセットを演算し、必要な測定やビジョン検査のタスクを実行します。

 

超高速、高精度

 

OptoCloud EDUは、従来の接触式測定マシンでは厳しい、または不可能な処理を、1分以内に解決します。

例えば、OptoCloud EDUは、モーターステーターの240の電気接点をわずか30秒で完全に検証できます。これは、従来の接触式3Dシステムに比べて100倍の速さに匹敵します

OptoCloud EDUは、その超高速な性能ゆえに、手動/ロボットローディングの両方による生産ラインでの品質管理に最適なソリューションになっています。

また、ラインオペレーターはすばやく直感的に検査結果を出すことができます。3D再構成、3D視覚化における検査用オーバーレイ、対話形式のナビゲーションにより、オペレーターは数秒で簡単に検査結果を確認できます。

 

ワークの3D視覚化により扱いが非常に簡単

 

OptoCloud EDUは、効果的なソフトウェアスイートによって稼働し、ポイントクラウドの演算により3D再構築を行い、さらに最後のステップとして直感的なグラフ形式に構成できます。ラインオペレーターは、自動検査の結果を(画像により)簡単に確認し、目的の詳細レベルまで検証を実施できます。これは、品質管理に最適なだけではありません。OptoCloud EDUの複数のレーザーは、非常に高い空間分解能でポイントクラウドを生成し、設計レビューやプロジェクトの最終検証のための強力なデータセットとなる詳細を組み入れることができます。

さらに、OptoCloud EDUは、すばやく簡単に部品をハンドリングできるように設計されています。部品のロード/アンロードはきわめて慎重な作業になりがちですが、OptoCloud EDUでは必ずしもそうではありません。Z軸によって、レーザーヘッドは自動的にハンドリング領域の外に移動し、ワークのハンドリング用に広いスペースを確保し、ハンドリングミスによりセンサーを破損するリスクをなくすことができます。

詳しくは OptoCloud EDUをご覧ください。