arrow-left-2arrow-left-3arrow-left-4arrow-leftchronodiggdown-arrow--lineardown-arrowearthfacebookfacebook_ (2)facebook_forward-arrowforwardgooglehomeico-downloadico-linkindustries--1industries--10industries--11industries--2industries--3industries--4industries--5industries--6industries--7industries--8industries--9linkedinmailmarkernewspaperpadlockpage-arrow-leftpage-arrow-rightpage-listpencilpinterestplay-buttonprintersearchsocial-diggsocial-facebooksocial-googlesocial-instagramsocial-linkedinsocial-pinterestsocial-twittersocial-youtubestartwittertwitter_user

マーポス:インプラント向けテスト、計測および検査

Test measure and inspection for implants

バイオメディカル分野では、マーポスは主に2つの主要なセグメントに焦点を当てています。血液ライン、透析製品、柔軟なパウチ、シリンジ、フィルターといったディスポーサブル製品と、ガラスやプラスチック製のボトルです。これらは、通常、体外で使用される製品や一時的な目的で挿入される製品、およびプラスチックの錠剤容器やガラス瓶などの消耗品を収容するように設計された製品です。

インプラントは、人工関節や外科用ピン、ネジ、釘など、体内に挿入して長時間使用する製品を指します。

マーポスのバイオメディカル向けソリューションは、オペレーターが機器やセンサーの種類に応じた試験位置に部品を設置し、試験サイクルを開始する手動での使用が可能です。

 

マーポス Optoflash(オプトフラッシュ): 高速、正確、完全な光学検査

マーポスのオプトフラッシュは、釘、ピン、ネジなどの測定に使用されます。オプトフラッシュは、通常手動でオペレーターがツールホルダーにワークを装着し、スタートボタンを押します。ツールホルダーが360度回転しながら2次元計測を行い、データファイルを作成することで、数百ヶ所の測定を単一の結合画像として生成します。これらの何百もの測定値は、ワークが定義された許容公差範囲内にあるかどうかを確認するために使用されます。

オプトフラッシュは、通常、数秒以内に100ヶ所以上の静的測定を行います。ギャップや不整合のない結合画像を生成するため、すべての測定値を含むテストファイルを生成し、将来の参考または統計分析のために保存して、ワークがあらかじめ定義された公差範囲内にあるかどうかを検証します。

この履歴により、データ分析を使用した完全なトレーサビリティが可能になり、製造プロセスにトレンドがあるかどうか、または後日予期しない問題が発生した場合にワークが検査されたときにどんな状態だったのかを確認することができます。

 

スレッド検査

スレッド検査ツールを使用すると、オペレーターはスレッドが正しく生成されていること、使用したときに全長にわたって移動し、結合しないかどうかを確認できます。これにより、確立された結合がしっかりと機能するようになります。

 

プロセスの自動化

マーポスには、同じ技術を自動化して、オペレーターが7時間ごとにパーツホッパーに充填するだけで済むターンキー自動システムもあります。外科用インプラント用の最近のシステムは、4 つの自動ステーションで構成されています。

 

マーポス FlexiFeed(フレキシフィード): モジュール式でフレキシブルなロボットによる部品の仕分けと送り出し

マーポスは、標準のモジュール式でフレキシブルな フレキシフィードロボットは、ターニングテーブル、6軸ロボット、ビジョンシステムで構成されており、共通のパーツホッパーから供給されたパーツを個別に探し出し、異なる検査ステーションに配置します。オペレーターが最大7時間分の部品をホッパーに投入すると、フレキシフィードがパーツを選択・識別し、あらかじめ定義されたレシピ設定を選択して、最初のステーションにセットする前にテストと測定が必要なものを定義します。

 

クリーニングおよびオリエンテーションステーション

FlexiFeed は、最初に CUT (コンポーネント・アンダー・テスト) をクリーニングステーションに入れ、掃除機を使用してすべてのほこりやゴミを取り除きます。このシステムは、テストや検査の結果に影響を与える可能性のある濡れたワークや油分の多いワークをテストするためのものではありません。ゴミを取り除いた後、CUT はオリエンテーションステーションに置かれ、次の目視検査ステーションの位置に配置されます。

 

広範で微細な寸法測定

オプトフラッシュは、オペレーターがワークを挿入する場所でマニュアルでの使用もできますが、このシステムでは、マーポスは FlexiFeed ロボットを使用して、オプトフラッシュが測定検査ファイルを作成できるようにする特別な治具にワークを取り付けます。ほとんどのピンとネジは、直径、長さ、半径の丸み、面取り、ピッチが検査されます。各パーツには、どこに何個の検査が必要となるかというレシピが記載されており、これらの測定は、事前に定義された測定タイプを持つ オプトフラッシュ・ツールボックスを使用して簡単に設定できます。

 

動的検査: 機能的なスレッド検査

寸法検査の後、フレキシフィードは CUT をスレッドチェックステーションに移動します。このステーションは、スレッドの動的検査を行い、適切なフィット感や移動距離だけでなく、必要なトルクの適切なレベルを検証します。これは、オペレーターの力量に依存しません。

フレキシフィードは、カスタム設計された特殊なツールホルダーにCUTを配置します。トラックに取り付けられた特別なカスタムデザインのツールホルダーは、CUT を3種類の手動スレッド マスターのいずれかに移動します。それぞれにマーポスのトルクスピンドルが搭載されており、適切な動的パラメーターを検証し、分析用にデータポイントを保存します。

トルクとスレッドの検査が完了すると、フレキシフィードは検査結果に応じてワークを合格または不合格のいずれかの容器に入れます。

 

FlexiFeed: フレキシブル性とモジュール性

マーポス フレキシフィードシステムのフレキシブル性は、デンタルインプラントハードウェアでも同様に機能しますが、モジュラー設計により、インプラント以外の他の自動検査が求められるシステムにも対応できます。

マーポス FlexiFeed は、使い捨ての医療製品にも設定可能です。寸法検査ステーションをリークテスト機器と関連するシーリングコンポーネントに置き換えることで、さまざまなタイプの医療機器の圧力減衰または流量テストが可能になります。また、マーポスのレーザーマイクロメーターを導入すると、円筒形部品の直径と真円度を正確かつ簡単に測定できます。

 

より詳細な情報は、 こちらよりマーポスソリューションを確認する

 

閉じる
閉じる
Top お問い合わせ