閉じる
arrow-left-2arrow-left-3arrow-left-4arrow-leftchronodiggdown-arrow--lineardown-arrowearthfacebookfacebook_ (2)facebook_forward-arrowforwardgooglehomeico-downloadico-linkindustries--1industries--10industries--11industries--2industries--3industries--4industries--5industries--6industries--7industries--8industries--9linkedinmailmarkernewspaperpadlockpage-arrow-leftpage-arrow-rightpage-listpencilpinterestplay-buttonprintersearchsocial-diggsocial-facebooksocial-googlesocial-instagramsocial-linkedinsocial-pinterestsocial-twittersocial-youtubestartwittertwitter_user

セキュアなファームウェア更新ポリシー

ポリシー

産業用サイバーセキュリティは、企業が相互接続されたオペレーションにおける前提条件であると世界中で認識されるようになってきています。

マーポスはお客様のデータのセキュリティに大きな価値を置いており、常に改善されるテクノロジーの利用を通じて、マーポスの電子デバイスのファームウェア更新プロセスをできるだけセキュアにするように取り組んでいます。

ファームウェアが開発者の机を離れた瞬間から、ファームウェア更新が真正であり、権限のない者によって変更されないようにすることが重要です。

セキュリティ上の問題に効果的に対応するには、デジタル署名されたファームウェア更新が必要です。このためマーポスでは、最新のアルゴリズムを使用し、現代のマイクロコントローラーで使用可能なハードウェア暗号化機能を活用する、デジタル署名と暗号化が行われたファームウェアを採用しています。

デジタル署名には2つの目的があります。第一に、ファームウェアのソースを認証すること、つまり更新がマーポスのオリジナル製品であることを示すことです。第二に、更新が宛先フラッシュメモリにダウンロードされる前に改ざんされていないことを検証し、データの完全性を保証することです。

ファームウェア暗号化は、外部からコードを読み取り、リバースエンジニアリング技術によりマーポス独自のアルゴリズムやプロトコルを明らかにする試みに対しても、さらなる保護を提供します。マーポスは、自社のノウハウを保護するポリシーがお客様の関心に完全に沿うものであると強く信じています。これは、悪意のある第三者がオリジナルのファームウェアを違法にコピー、変更、再インストールしようとすることを防ぐためです。

Top お問い合わせ